大人ニキビ 原因

MENU

大人ニキビの原因はなに?

ニキビといえば一般的には思春期に特有のものと思われがちですが、成人年齢を迎えた後の、いわゆる大人になってからでも症状が出るものであり、こういった大人になってから症状が出るニキビは特に大人ニキビと呼ばれています。
思春期の頃にできるニキビと、大人ニキビとでは、ニキビが発生するメカニズムは同じであるものの、その根本原因が異なるケースが多いため、最適なニキビ予防方法が異なることにも注意が必要です。

 

ニキビができてしまうメカニズムは、皮脂が過剰に分泌されることで顔の毛穴にその皮脂が詰まり、その毛穴でニキビの原因菌が繁殖した結果としてニキビができるといったものになっています。
そのため、ニキビ予防のためには、皮脂を定期的な周期で洗い流すこと、皮脂の過剰分泌を防ぐことが必要となります。

 

思春期の頃は、第二次性長期にあたる年齢であり、この皮脂が過剰に分泌されることはある程度避けられないことであるため、定期的に洗顔を行って、皮脂を洗い流すことが何より肝心な予防方法となります。
一般的に加齢に伴って、成長期が終わると供にこの過剰分泌は収まって行くものであるため、大人ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌の原因はまた異なるものとなります。
大人になってから皮脂が過剰分泌されてしまう原因は、ホルモンバランスの乱れによるところが大きくなってます。
暴飲暴食や睡眠不足、過剰なストレス下での生活といったように、体のホルモンバランスを変調させる生活を続けることで、皮脂の過剰分泌が促されてしまった結果として、大人ニキビができてしまうのです。
そのため、大人ニキビ予防としてまず必要なことは、規則正しい生活、健康な生活となります。

 

いくら洗顔を行って皮脂を洗い流しても、こういった根本原因を取り除かない限りは、症状が現れ続けることとなってしまうためです。
大人ニキビは乱れた生活の証しといえるものでもあるため、症状が出た際にはいち早い解決を望むといいでしょう。