皮脂分泌 抑えたい

MENU

皮脂の分泌を抑えたい!

皮脂の分泌は、皮脂腺という肌の奥にあるところからおこなわれています。
思春期ニキビの原因のひとつといわれる皮脂ですが、これは肌の保護のためにも必要なものです。

 

ヒトの皮フには何種類もの常在菌がいるといわれていますが、その菌たちと皮脂がまぜあわさることによって、本来なら性質上混ざることがない汗と皮脂がうまく混ぜ合わさることができるようになっているのです。
このようにできあがったものを「皮脂膜」といい、体に入ると害のある雑菌から守ってくれる役割を果たしています。
また、肌の健康のためには水分は不可欠ですが、皮脂膜があることで水分の蒸発を防ぎうるおいを保ってくれます。

 

このように、正常に分泌されていれば体にとって欠かせない大切な役割が皮脂にはあるといえるでしょう。
ですが、過剰に分泌されてしまうと思春期ニキビなどの問題を引き起こす原因となってしまいます。
なぜかといいますと、過剰に分泌された皮脂は毛穴をつまらせやすくなり、ふだんの洗い方では落とすことが難しくなってしまうからです。

 

それから、皮脂の過剰な分泌は生活習慣の乱れも影響しています。
外食がちとか脂っこいものをよく食べるといった食生活の乱れ、睡眠不足、生活リズムの乱れ、ストレスといったことがそれに当たるといえるでしょう。

 

そのほかには、洗いすぎもよくないといわれています。
皮脂を落としすぎてしまうことで体が皮脂不足だと反応し、より分泌してしまうからです。
思春期ニキビの場合、清潔に肌を保つことは大切ですが、洗浄力が強すぎない洗顔料やニキビ専用のものを選ぶのがおすすめだと思います。