ホルモンと皮脂の関係

MENU

皮脂分泌とホルモンの関係

皮脂が過剰に分泌されるとニキビの原因になりますが、二十歳くらいまでは特に皮脂の分泌がさかんなので毛穴もつまりやすくなります。なので、特に思春期ニキビの場合は、多く分泌される皮脂をこまめに落とすように自分で日頃からスキンケアしておくことがポイントです。

 

思春期に入ると、大人の体に変化していくために性ホルモンの分泌がさかんになります。それにともなって、皮脂の分泌も多くなるために思春期ニキビができやすくなるといわれています。
思春期の体の変化が起きてくると、ホルモンバランスも不安定になることも多いために皮脂の分泌が過剰になってしまうことがあります。

 

ですが、思春期をすぎ成長が落ち着いてくるころになるとホルモンバランスも安定してきますので、思春期ニキビに悩まされることは少なくなってきます。
なので思春期ニキビは今だけのものと思って、こまめなスキンケアを心がけてみるのも思春期ニキビでストレスをためない方法だと思います。

 

正しくスキンケアをしておけば、その後のお肌の調子も整いやすくなるのではないかと思います。思春期ニキビに悩んでそれがストレスになってしまうと、ホルモンバランスにも影響して乱れやすくなってしまいます。
すると、過剰な皮脂の分泌も引き起こしやすくなるためさらに思春期ニキビが増えてしまうかもしれません。

 

ひとによって時期などの違いはありますが、思春期の性ホルモンによる体の変化は誰でも起こることです。
なので、思春期ニキビも同じように誰でもあるものととらえて付き合っていくことをおすすめします。