ニキビ予防 綺麗な素肌を維持

MENU

ニキビ予防で綺麗な素肌を維持する

ニキビは思春期じゃなくても大人になっても出来るので、ニキビ予防をすることで肌トラブルのない綺麗な素肌を維持することが出来ます。ニキビの原因は複合的なものなので、ニキビが出来やすい状態を作り出さないよう心がける必要があります。

 

思春期の場合は成長ホルモンの影響により、皮脂分泌が活発になります。
大人の場合は、ストレスや睡眠不足などの不規則な生活により交感神経と副交感神経のバランスが崩れてニキビが出来やすい状態となります。女性であっても男性ホルモンが皮脂腺を刺激することで皮脂の分泌が活発になり、ニキビの原因となります。

 

ニキビ予防でもっとも大切なのは、毛穴を詰まらせないスキンケアを行うことです。

 

オイルクレンジングを使用している場合は、すでに過剰に皮脂分泌が行われているところに、油分を与えることとなりニキビが出来やすい環境を自ら作り出すことになります。
ニキビが出来ている場合は、その状態を悪化させる手助けをすることになります。化粧を落とす場合は、ジェルクレンジングなどの油分の少ないクレンジングを使用することがお勧めです。
思春期の頃であれば、過剰に分泌される皮脂を抑えるために、1日に数回の洗顔がお勧めですが、大人ニキビの場合は皮脂が不足していることが原因で分泌されていることが多いので、洗顔をしすぎないことが重要となります。また、ピーリングを日常のスキンケアに取り入れることで肌状態を綺麗に保つことが可能となります。

 

毛穴が詰まっていると、過剰に皮脂が分泌されて肌状態が悪化します。毛穴を詰まらせないためには、ピーリングをすることで余分な角質を溶かして毛穴を詰まりにくくすることが出来ます。余分な角質が除去されることで、正常にターンオーバーが行われて肌の新陳代謝が良くなります。

 

大人ニキビで大切なのは、ピーリングした後は必ず保湿力の高い基礎化粧品を使用してしっかりと保湿をすることです。水分が不足すると肌が乾燥して角質が厚くなり、毛穴が詰まる原因となります。基礎化粧品を効果的に使用してニキビ予防をするためにも、毛穴の状態を良くすることが必要となります。