ニキビ対策で美しい素肌へ

10代の頃にできるニキビと大人になってからできるものは異なることを知っている方は多いと思います。
しかし何が違って、どう対処すればいいのか知っているかはまた別の話です。

 

10代の頃にできるものは成長ホルモンが影響しており、皮脂が毛穴に溜まる脂っぽいニキビです。
けれどこれはなかなか悩ましく、ニキビが気になるからと頻繁に洗顔したりあぶら取り紙であぶらを取り、そのまま保湿を怠ると乾燥を防ぐために過剰に皮脂が分泌されてしまいます。それによりニキビが悪化するということも考えられるので、洗顔後は化粧水で整えることが大切です。

 

大人ニキビと呼ばれるものは、10代でできるものとは異なります。
この時期にできるニキビの殆どは、乾燥と不要な角質がたまることが原因になります。

 

ストレスや不摂生ももちろん関係してきますが、仕事をしているとなかなか対処のむずかしいこともあります。
ニキビが出来ているときはお化粧を控える方が好ましいのですが、そうもいっていられないものです。
そのため日ごろから保湿をしっかりして、化粧後はしっかり洗い流すことが肝心です。

 

皮脂は肌の水分を守ってくれるため、適量を保つこと必要があります。
また、注意しなければいけないのは洗う順番です。

 

頭を最初に洗い、体を洗ってからぬるま湯で洗顔するのが、一番効果的なのだそうです。
髪を最後に洗ったのでは、いくら気を付けていても洗い流したシャンプーなどが、体や顔に付着してしまいます。
これでは綺麗に洗ったつもりでも、シャンプーやコンディショナーなどによってニキビができやすくなってしまいます。

 

ニキビ対策は、日々の積み重ねが大切です。
悩みの元であるためか、女性は相手の肌がきになり、無意識ながらチェックしてしまうというアンケート結果も出たそうです。
肌が荒れているときは、おしゃれしていても気になってしまうものです。
少し面倒だと感じる場合でも、手を抜くことなくケアすることが重要です。